生姜

生姜のダイエット効果

 

生姜の一番のダイエット効果は身体を温める、ということになります。

 

よく生姜の入ったスープなどを飲むと身体がポカポカしてきた、という経験はありませんか?

 

それは生姜に含まれるショウガオールジンゲロールという辛味の成分が、血行を促進させてくれるからです。

 

ですのでその効果で基礎体温も上がる、ということになります。

 

では、なぜ基礎体温が上がることが大切なのでしょうか。

 

それは、身体の温度が低くなると基礎代謝も低くなり、カロリーの消費も低下するからです。

 

体温が1℃低くなると、消費エネルギーは何と、200~500カロリーも減ると言われています。

 

反対に言えば、1℃体温を上げると、同じ行動をしていても+200~500のカロリー消費が望めるということです。

 

これによって、体温を上げた方がダイエットは効率的、というのは一目瞭然ですね。

 

 

また、ジンゲロールは血中の中性脂肪値を下げたり、血糖値を下げてくれるアディポネクチンの減少を防いでくれます。

 

このアンディポネクチンは、別名痩せホルモンとも言われ、太ると分泌量が減ると言われるので、生姜でぜひ痩せホルモンをキープしましょう。

 

 

さらに血管が拡張して血液の循環が促進されれば、体内の臓器の活動も良くなります。

 

特に胃や腸の動きが活発になれば便秘解消にもつながります。

 

 

そして生姜は自律神経のバランスをも整えてくれる、と言われています。

 

ダイエットはストレスにつながりやすいので、そのバランスをとってくれるのはとても嬉しい効果といえます。

 

無理をしてジムに通っているとストレスになって心によくないですし、ダイエット効果もあまり期待できなくなります。

 

また食べるのを我慢するとると、不健康にもつながります。

 

生姜は身体の中から健康になって、スリムになれて、ストレスフリーという点でも本当に理想的なダイエット法と言えるでしょう。